相続により預金の引き出しができなくなった場合はどうすれば良い!?

相続が発生すると金融機関は亡くなった人(以下、『被相続人』といいます。)の預金口座を凍結してしまうため、相続人は原則として遺産分割協議が成立しないと払戻し手続きすることができなくなってしまいます。しかし、被相続人の預金口座をメインに生活をしていた場合、口座が凍結されると当面の生活費や葬儀費用等の支払いが困難になってしまうことも起こり得ます。そこで、平成30年に民法等が改正されて相続人が被相続人の預金の一部を払戻しすることができるようになりました。具体的にどのような方法があるのかについて記述します。

各相続人が家庭裁判所の判断を経ずに払い戻す方法

相続人は、金融機関に戸籍等の必要な書類を提出することで次の計算式の金額まで単独で払戻し請求をすることができます。ただし、各金融機関の払戻し上限額は一人当たり150万円までです。
[払戻し可能額=各金融機関にある相続開始時の預金残高×1/3×法定相続分]

具体例
  1. 預金残高:600万円 相続人:妻と子
    妻が請求する場合
    600万円×1/3×1/2=100万円
    100万円まで請求できます
  2. 預金残高:1,200万円 相続人:妻と子
    妻が請求する場合
    1,200万円×1/3×1/2=200万円
    計算式では200万円になりますが、各金融機関の払戻し上限は一人当たり150万円までのため、請求可能額は150万円です。

家庭裁判所による判断に基づき払い戻す方法

家庭裁判所に遺産分割の審判や調停が申し立てられている場合に、相続人に現金の必要性が認められかつ他の相続人の利益を害さない範囲の金額を、家庭裁判所が判断します。

特に『家庭裁判所の判断を経ずに払い戻す方法』は比較的簡単にできます。ただし、被相続人の出生から死亡するまでの除籍謄本、各相続人の戸籍謄本、申出人の印鑑証明書等が必要になります。

以上のように、法改正により預金の払戻し手続きがしやすくなりましたが、支払いの期限が迫っている等、よりスピーディーに手続きを進めたい場合は専門家に依頼することを検討してみてはいかがでしょうか。

司法書士法人駅前双葉相談事務所では、戸籍謄本の収集、法定相続情報の申し出(必要に応じて)、預金の払戻し手続きまで一式承ります。また、費用のお支払いは預金の払戻し手続き完了後で問題ありませんので、手元資金が不足している場合でも安心してお任せいただけます。


声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです

相続でお悩みの方は、是非、町田市鶴川駅前の司法書士法人「駅前双葉相談事務所」にご相談下さい。

相続-無料電話相談実施中!

専門的な知識を必要とすることは、悩んでいても先に進みません。まずはお電話ください。解決までの道筋をご案内させていただきます。お電話でのご相談は30分まで無料ですのでご安心ください。多くの場合、問題解決までの道筋を30分以内でご提案することができます。

相続-無料訪問相談実施中!

当職が直接お客様のご自宅に訪問し、お話を伺わせていただきます。書面によるご案内ができるため、お客様のお悩み解決までの道筋を、詳細にスピーディーにご案内できます。また、お客様の資料を拝見させていただくことで、気が付かなかった問題点を発見することができます。
※お客様のご自宅が町田市・川崎市・相模原市以外の場合は、鶴川駅からの移動費を頂戴させていただいております。

まずはあなたの疑問をお聞かせください。
声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです。

町田市 鶴川駅前の司法書士法人「駅前双葉相談事務所」