家庭裁判所で相続放棄をしたのはいいが…

相続が発生した場合、相続財産と共に借金などの負債があればその返済義務も相続します。相続財産よりも負債の額が多ければ相続放棄を検討する方が大半ではないでしょうか。家庭裁判所で手続きを行えば負債の返済義務を免れることができます。ここで注意したいのが、相続放棄をしたことにより他の親族に返済義務が相続されてしまうことです。

配偶者である夫が亡くなった場合

例1

条件
相続人 :妻と子
相続放棄:子のみ

相続放棄後の相続人
妻と亡くなった夫の両親
夫の両親が共にすでに亡くなっている場合は祖父と祖母

上記のケースは実際には稀です。子だけが家庭裁判所で相続放棄をして妻が相続することはほぼありません。また夫が先に亡くなって両親が存命している事も決して多くはありません。(ただし現在の日本は長寿化の傾向にあり、夫が亡くなった時に夫の両親のいずれかが存命しているケースが今後は増えてくると予想しております。)

例2

条件
相続人 :妻と子
相続放棄:妻と子

相続放棄後の相続人
亡くなった夫の両親
夫の両親が共にすでに亡くなっている場合は夫の兄弟姉妹
さらに夫の兄弟姉妹がすでに亡くなっている場合は兄弟姉妹の子

夫の相続人であった妻や子が相続放棄をすると、夫の兄弟姉妹又は兄弟姉妹の子が相続人になるケースがほとんどです。このケースの厄介な点は、当事者が5~10人以上になる可能性があることです。また相続人となった兄弟姉妹は兄弟である亡くなった夫の経済状況について把握できていないことが多く、亡くなった夫の妻と子が相続放棄をしたことを兄弟姉妹に伝えないと、相続人になったことを知るのも困難だということです。亡くなった夫の債権者が調査をした結果、兄弟姉妹に借金の請求書が届いて初めて相続人になったと知ることもあります。

相続放棄は民法で認められた権利

兄弟姉妹に相続放棄をしたことを伝えたときに、中には「相続放棄をして責任逃れをするな」とか「こっちも相続放棄をするからその費用を出せっ」とお怒りになる人も少なからずいらっしゃるようです。しかし相続を放棄する権利は民法で認められた重大な権利です。責任逃れでは決してありません。また兄弟姉妹の方が相続放棄をする際に最初に相続放棄をした妻と子がその費用を出さなければならないという法律は存在しません。兄弟姉妹が相続放棄という自己の権利を行使するのに、妻と子がその費用を支払わなければならないというのはおかしな話だからです。

相続放棄に関しまして詳しく知りたい方、また、疑問等がございましたら、相談を随時受け付けておりますので、是非一度ご連絡ください。お電話でのご相談は30分まで無料でございます。多くの場合、問題解決までの道筋を30分以内でご提案することができます。まずはあなたの疑問をお聞かせください。声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです。


声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです

相続でお悩みの方は、是非、町田市鶴川駅前の司法書士法人「駅前双葉相談事務所」にご相談下さい。

相続-無料電話相談実施中!

専門的な知識を必要とすることは、悩んでいても先に進みません。まずはお電話ください。解決までの道筋をご案内させていただきます。お電話でのご相談は30分まで無料ですのでご安心ください。多くの場合、問題解決までの道筋を30分以内でご提案することができます。

相続-無料訪問相談実施中!

当職が直接お客様のご自宅に訪問し、お話を伺わせていただきます。書面によるご案内ができるため、お客様のお悩み解決までの道筋を、詳細にスピーディーにご案内できます。また、お客様の資料を拝見させていただくことで、気が付かなかった問題点を発見することができます。
※お客様のご自宅が町田市・川崎市・相模原市以外の場合は、鶴川駅からの移動費を頂戴させていただいております。

まずはあなたの疑問をお聞かせください。
声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです。

町田市 鶴川駅前の司法書士法人「駅前双葉相談事務所」